1. エラボトックス

  2. ボトックスビスタ

  3. ボツラックス

  4. BNLS ultimate

  5. 糸リフト(スレッドリフト)

  6. テスリフト

  7. ショッピングリフト

  8. Bjリフト(PCL)

  9. スマートリフト(PDO)

  10. 脂肪吸引

  11. ハイフ(HIFU)

  12. ハイフシャワー

  1. 涙袋形成

  2. 秘密の二重

  3. 秘密の二重ダブル

  4. ダブルクロス

  5. スクエアループ

  6. スクエアループダブル

  1. 人中短縮ボトックス注射

  2. テオシアル

  3. クレヴィエル

  4. ジュビダームビスタ

  1. 涙袋形成

  2. 秘密の二重

  3. 秘密の二重ダブル

  4. ダブルクロス

  5. スクエアループ

  6. スクエアループダブル

  7. 糸リフト(スレッドリフト)

  8. テスリフト

  9. ショッピングリフト

  10. Bjリフト(PCL)

  11. スマートリフト(PDO)

  12. 脂肪吸引

  1. 人中短縮ボトックス注射

  2. エラボトックス

  3. 肩こりボトックス

  4. わきが・多汗症ボトックス

  5. わきボトックス

  6. ボトックスビスタ

  7. ボツラックス

  8. 脚痩せ・美脚・部分痩せ(痩身・ダイエット)

  9. リジュランi(サーモン注射)

  10. ダーマペン4

  11. ヴェルヴェットスキン

  12. マッサージピール(PRX-T33)

  13. ベビーコラーゲン

  14. テオシアル

  15. クレヴィエル

  16. ジュビダームビスタ

  17. BNLS ultimate

  18. ハイフ(HIFU)

  1. ボトックスビスタ

  2. ボツラックス

  3. リジュランi(サーモン注射)

  4. ダーマペン4

  5. ヴェルヴェットスキン

  6. マッサージピール(PRX-T33)

  7. ベビーコラーゲン

  8. テオシアル

  9. クレヴィエル

  10. ジュビダームビスタ

  11. 糸リフト(スレッドリフト)

  12. テスリフト

  13. ショッピングリフト

  14. Bjリフト(PCL)

  15. スマートリフト(PDO)

  16. ハイフ(HIFU)

  17. ハイフシャワー

  1. エラボトックス

  2. 肩こりボトックス

  3. わきが・多汗症ボトックス

  4. わきボトックス

  5. 脚痩せ・美脚・部分痩せ(痩身・ダイエット)

  6. ゼオスキン

  1. 山田佑樹 医師

    ごあいさつ

  2. クリニック交通アクセス

    クリニックまでの道案内

お問い合わせはこちら

顎(アゴ)のヒアルロン酸注入(Eライン・横顔美人)

顎(アゴ)のヒアルロン酸注入

顎(アゴ)のヒアルロン酸注入(Eライン・横顔美人)

理想的な顔のバランスを判断する基準として、鼻の頭→唇→顎(アゴ)を結ぶ線が直線でつながる“エステティックライン(Eライン)”があります。
日本人は骨格的に顎(アゴ)が引っ込んでいることが多く、このラインが出にくいのが現実です。

顎(アゴ)のラインを自在にデザインできる「ヒアルロン酸注入」

ヒアルロン酸はもともと体内にある成分なので、アレルギーの心配もありません。
まず、入念なカウンセリングで注入する量を決定し、注入する範囲をペンでマーキング。クリームによる麻酔の後、理想の顎(アゴ)のラインを目指して丁寧に注入していき、顎(アゴ)が出て、引き締まったフェイスラインに。
メスを使わないので痛みもほとんどなく、腫れが少ないのも特徴です。顔全体が引き締まって見えるので、小顔効果もあります。
横顔で、鼻先と下唇と顎(アゴ)先を結んだ線。一直線になるのが、理想のフェイスライン(Eライン・横顔美人)だと言われています。

顎(アゴ)先を尖らせ、シャープなフェイスラインを作る顎専用の長期持続型ヒアルロン酸注入

密度が高くて硬い顎(アゴ)先を尖らせ、シャープなフェイスラインを作る顎(アゴ)専用の長期持続型ヒアルロン酸。
一般的なヒアルロン酸注入に使用するヒアルロン酸では、注入後、ヒアルロン酸が水分を吸収し膨張して顎(アゴ)先が丸くなる場合があります。
長期持続型ヒアルロン酸は、従来の長期持続型顎専用のヒアルロン酸と同様に、注入後に水分を吸収しにくいタイプのものなので、広がって顎(アゴ)先が丸くなる心配がなく、ある程度自由に顎(アゴ)先の形を作ることができます。
長期持続型ヒアルロン酸は、従来の一般的なヒアルロン酸に比べ密度が2.5倍と非常に高く、粘度、硬さがあります。そのため、ヒアルロン酸の持続期間が長く、注入する量などにより個人差はありますが、4~6年くらいかけて吸収されていきます。
人間の体の中のPH(アルカリ性)に近い調合をしているため、注入時に痛みがほとんどありません。
局所麻酔の注射を行わず麻酔クリームのみで施術ができるため、麻酔注射による余分な腫れがでず、可能な限り希望通りの顎(アゴ)の形に仕上げることができます。

顎(アゴ)のヒアルロン酸注入の詳細はこちら