1. エラボトックス

  2. ボトックスビスタ

  3. ボツラックス

  4. BNLS ultimate

  5. 糸リフト(スレッドリフト)

  6. テスリフト

  7. ショッピングリフト

  8. Bjリフト(PCL)

  9. スマートリフト(PDO)

  10. 脂肪吸引

  11. ハイフ(HIFU)

  12. ハイフシャワー

  1. 涙袋形成

  2. 秘密の二重

  3. 秘密の二重ダブル

  4. ダブルクロス

  5. スクエアループ

  6. スクエアループダブル

  1. 人中短縮ボトックス注射

  2. テオシアル

  3. クレヴィエル

  4. ジュビダームビスタ

  1. 涙袋形成

  2. 秘密の二重

  3. 秘密の二重ダブル

  4. ダブルクロス

  5. スクエアループ

  6. スクエアループダブル

  7. 糸リフト(スレッドリフト)

  8. テスリフト

  9. ショッピングリフト

  10. Bjリフト(PCL)

  11. スマートリフト(PDO)

  12. 脂肪吸引

  1. 人中短縮ボトックス注射

  2. エラボトックス

  3. 肩こりボトックス

  4. わきが・多汗症ボトックス

  5. わきボトックス

  6. ボトックスビスタ

  7. ボツラックス

  8. 脚痩せ・美脚・部分痩せ(痩身・ダイエット)

  9. リジュランi(サーモン注射)

  10. ダーマペン4

  11. ヴェルヴェットスキン

  12. マッサージピール(PRX-T33)

  13. ベビーコラーゲン

  14. テオシアル

  15. クレヴィエル

  16. ジュビダームビスタ

  17. BNLS ultimate

  18. ハイフ(HIFU)

  1. ボトックスビスタ

  2. ボツラックス

  3. リジュランi(サーモン注射)

  4. ダーマペン4

  5. ヴェルヴェットスキン

  6. マッサージピール(PRX-T33)

  7. ベビーコラーゲン

  8. テオシアル

  9. クレヴィエル

  10. ジュビダームビスタ

  11. 糸リフト(スレッドリフト)

  12. テスリフト

  13. ショッピングリフト

  14. Bjリフト(PCL)

  15. スマートリフト(PDO)

  16. ハイフ(HIFU)

  17. ハイフシャワー

  1. エラボトックス

  2. 肩こりボトックス

  3. わきが・多汗症ボトックス

  4. わきボトックス

  5. 脚痩せ・美脚・部分痩せ(痩身・ダイエット)

  6. ゼオスキン

  1. 山田佑樹 医師

    ごあいさつ

  2. クリニック交通アクセス

    クリニックまでの道案内

お問い合わせはこちら

頬(ほほ)のヒアルロン酸注入(老け顔解消・バッカルファットの修正・幼顔)

頬(ほほ)のヒアルロン酸注入

頬(ほほ)のヒアルロン酸注入(老け顔解消)

頬(ほほ)の肉は、加齢とともに落ちてしまうもの。
実は、頬(ほほ)の肉がどんどん減ってしまうのは避けられないことです。
「ゴルゴ線ができやすい目の下、額、あご周り、頬骨の下、コメカミ、頬(ほほ)。このあたりはどうしても年齢とともに肉が落ちてきてしまいます。
体重を少し増やしても、部分的に肉を増やすことは難しいです。
顔が急激に痩せてしまわないよう、過度なダイエットを控えることが重要です。」

バッカルファットによる脂肪取り

バッカルファットとは頬の中央の深い部分「頬(ほほ)内側」にある脂肪のことで、頬(ほほ)脂肪体とも呼ばれています。口をすぼめた時、歯にあたる口内のお肉の周辺と言えば分かりやすいかもしれません。
このバッカルファットは、若い頃はこめかみから頬(ほほ)骨にかけて比較的高い位置に存在しています。しかし、加齢とともに皮膚が下垂するとそれに伴って下がり、その重みでほうれい線やマリオネットラインなどのシワが目立ってしまうことも。
このため、バッカルファットを除去すれば、たるんだ頬(ほほ)やほうれい線、マリオネットラインを改善でき、下膨れな輪郭をスマートな印象に変えられると言われています。

しかし、、、

バッカルファットは頬(ほほ)内側の大切な脂肪

年齢を重ねるごとに頬(ほほ)がたるむ原因は、バッカルファットの下垂だけとは限りません。むしろ、顔の皮下脂肪が減少することで、皮膚が余ることの方が大きく影響します。ですから、これを除去すると、顔の皮膚が一層余り、たるみがひどくなることも懸念されるのです。バストのボリュームが減ると、たるみが生じる原理と同様と言った方が分かりやすいかもしれません。
こうした理由から、頬(ほほ)の奥にある大切な脂肪をわざわざ除去するのはもったいない行為だと考えています。

若い子にはバッカルファットは、お勧めできない場合があります。

年齢が若い間にバッカルファットを除去しておけば、将来起こり得る頬(ほほ)のたるみを事前に防ぐことができるとも言われていますが、若いうちは皮下脂肪が豊富です。そのため、たるみの原因は皮下脂肪である可能性も少なくありません。
仮にバッカルファットの除去適応でないのに除去してしまった場合、加齢に伴う脂肪減少で頬(ほほ)のこけやたるみがより強く出てしまう可能性があります。
20〜30代の方で検討している人がいらっしゃるようでしたら、除去は慎重にお考えください。

バッカルファットで後悔する方の例

バッカルファット除去後の失敗相談のほとんどが「頬(ほほ)がこけた」というものが多く、「頬(ほほ)がこけて影ができた」「痩せたというよりこけたと言われる」というものが多いです。この失敗の原因は、バッカルファットの取り過ぎ、もしくは取る必要がないのに取ってしまったことが考えられます。

他にも、「左右差が生じた」、思ったほど効果が期待できなかったなどがあります。

年齢と共に、こけた頬(ほほ)の修正、バッカルファットなどの修正

脂肪注入やヒアルロン酸注入による調整をすることで、改善することが期待できます。

頬(ほほ)のヒアルロン酸注入の詳細はこちら